歯科口腔外科 / 日曜日・祝日診療、お昼休みも歯科治療 / 川崎市・川崎駅前 川崎区・幸区、横浜市鶴見区などの方へ

神奈川県川崎市の歯科医院「ふたば歯科クリニック」。お気軽にお電話ください。TEL:044-211-5511


口腔外科

口腔外科

 当医院では、一般歯科ではあまりやらない歯科口腔外科治療の小手術に対応しております。ここでは、口腔外科でおこなう手術を簡単にご紹介します。

●歯根のう胞摘出術
 顎の骨の中の歯根の先端部には、歯根のう胞という袋状の病変が発生することがあります。大きい場合は手術で摘出しなければならなくなります。手術では、歯肉を切開し、骨に穴を開けて摘出します。歯根のう胞摘出術をおこなった歯は、状態によっては抜歯することもあります。

●歯根端切除術
 歯根のう胞摘出術をおこなった歯の根の先端部分のみを切除することを歯根端切除術といいます。

●埋伏歯の抜歯
 親知らず(埋伏智歯)の抜歯から、普通の歯科医院ではあまりやらない骨に埋まってしまっている歯(埋伏歯・水平埋伏歯)の抜歯などもおこなっています。埋伏歯は、虫歯になりやすかったり、歯肉の炎症(智歯周囲炎)など周囲への影響を踏まえ抜歯の対象となる場合があります。

●小帯切除術
 上下の唇を指で拡げる上唇・下唇のそれぞれの中央部分に縦に帯状の筋が確認できます。これを小帯と呼び、上唇側が上唇小帯、下唇側が下唇小帯と言います。

小帯切除術  一般的には乳幼児の小帯が厚かったり長すぎたりするケースが多く、例えば、小帯が歯の間を越え歯茎の裏側まで入り込んでしまっている場合、正中離開などの歯の位置の異常、発音・言語障害や審美的な問題の原因になることがあります。
 この場合、しっかりとした経過観察をおこない年齢が上がるとともに改善されないと判断した場合に、小帯付着異常として小帯の切除を行います。

●骨隆起切除術
 骨隆起とは、骨の表面から外側に向かい骨が増殖したもので外骨症とも言います。
 歯科的には、上あごの口蓋(お口の天井部)にできる口蓋隆起と、下あごの内側にできる下顎隆起が主なものです。病的な意味はありませんが、入れ歯の邪魔になったり、言語障害につながるおそれがある場合は、増殖した骨を切除します。


川崎市の歯科医院「ふたば歯科クリニック」 医療法人社団 ふたば歯科クリニック 川崎本院 電話番号044-211-5511
神奈川県川崎市川崎区駅前本町7番地 川崎岡田屋モアーズ6F
Copyright (c) 2006-2017 Futaba Dental Clinic All Rights Reserved.