虫歯治療
decayd

虫歯とは

虫歯とは

虫歯について

虫歯はお口の中の虫歯菌が、食べかすなどから酸を作り、歯が溶かされていく状態を言います。

お口の中を不衛生にしてしまうと、虫歯菌が繁殖してより虫歯になりやすくなります。

この状態を防ぐには、毎日の歯磨きはもちろん欠かせませんが、それだけでは完全に防ぐことはできません。歯科医院で、プロの手による歯のクリーニングを行うことが大切です。

虫歯から歯を守るためには

虫歯の原因は主に、糖・細菌・プラークがあげられ、虫歯のなりやすさ(カリエスリスク)は患者様によって異なります。

体質により一度も虫歯にならない方もいます。

虫歯から歯を守るためには

主な予防法としては、糖分を控える・こまめなブラッシング・歯科医院でのクリーニング・レントゲン検査があげられます。

虫歯は早期発見することで、削らずに済む場合もありますので、定期的な歯科医院での検診をおすすめします。

治療の痛みに対する当院の配慮

虫歯の進行別の
治療について

C1

C1:エナメル質までの虫歯

歯の表面のエナメル質(硬い部分)が溶け始めています。

エナメル質には神経がないので、痛みを感じることがなく、自分で発見するのは困難です。

治療内容

つめ物(金属:保険パラ・自費:18K)、セラミック(自費)、プラスチック(保険)

治療の流れ

・プラスチック以外は虫歯除去後に型をとり、模型上で詰め物を作り、次回着けるため、治療に2回かかります。

・プラスチックはその日につめて1回で終わります。

C2:象牙質までの虫歯

虫歯が象牙質(柔らかい部分)まで達している状態です。

虫歯が歯髄(神経)に近づくにつれ、冷たい物がしみるなどの自覚症状が出てきます。

象牙質はエナメル質より柔らかく虫歯の進行が早いのが特徴です。

C2

治療内容

つめ物:自費(セラミック・18Kゴールド)、保険(金銀パラジウム合金)

治療の流れ

痛みがあるため、基本的に麻酔をし虫歯除去後に型とりをし、後日できてきたものをつけます。

C3

C3:歯の神経までの虫歯

何もしなくてもズキズキとした痛みがあります。

初期は冷たいものに痛みが出て、後期は温かいものに痛みが出ます。

治療内容

炎症の起きた歯髄(神経)や象牙質の除去を行い、感染した歯の根を無菌化するため根管治療を行います。

歯髄や象牙質の除去・無菌化(根管治療)をしっかり行うことで、この歯を抜かずに済みます。 被せ物(クラウン)のための土台を作り、きちんと噛めるように成形します。

治療の流れ

歯の中央にある神経を取り、神経の管をきれいにします。神経の代わりになる薬を詰めて終了です。

C4:
歯の根しか残っていない状態

虫歯の最悪の状態で、歯の頭の部分(歯冠部)はなくなってしまい、歯根だけが残った状態です。

歯髄は死んでいるため、痛みは感じないことが多いです。そして歯根の先に袋状に膿が溜まりだし、歯を残すことも困難となります。

C4

治療内容

歯を残すことが出来る場合は、感染した歯の根を無菌化する根管治療を行います。

できるだけ歯を残す努力をしますが、残せない状態の場合は、抜歯をしてブリッジや入れ歯・インプラントによる治療を行います。

治療の流れ

抜歯をした後、補綴治療(入れ歯・ブリッジ・インプラント等)を行います。

治療期間について

C1〜C2
2回
C3
5~6回
C4
抜歯は1回
(その後の補綴治療に数回)

保険治療と自費治療の比較

治療方法
高度な治療方法が使えない
治療期間
同じ歯に長期間の治療をすることが
認められていない
保険治療の限界や制限など
使える材質が限られている。
ブリッジなどは支台歯の本数に規制がある