歯科レーザー

歯科レーザー治療
について

このような要望をお持ちの患者さんも多いのではないでしょうか。

そんな患者さんの気持ちに寄り添い、痛みの少ない治療を目指すべく、当歯科医院では「レーザー治療器」を導入しています。このレーザー機器は、

を可能にする機器です。

※副作用はなく、妊娠中の方、高血圧、心臓病、ペースメーカー等を入れている方でも安全に利用できます。

レーザー治療器が対応できる症状と、そのメリット

歯科で使うレーザー治療器は、「虫歯の治療」「歯周病の治療」「歯並びの改善」によく使われています。
たとえば虫歯の部位にレーザーを当てることで、該当箇所を削り蒸発させることができるようになります

また、歯周病では非常によく「歯茎の腫れ」が見られますが、レーザーを使うことで該当箇所を切開~原因を取り除くことができます。
メスによる治療に比べて、出血が少なく、患者さんの負担を抑えられるのが「レーザーによる歯周病治療」のメリットです。

レーザー治療器

歯並びの改善にもレーザーは役立つ

意外に思われるかもしれませんが、レーザーは歯並びの改善にも役立ちます。歯並びが悪くなる原因はさまざまですが、そのうちの一つに、「上唇小帯」があります。
これは、上の唇から三角形に歯茎にまで伸びている筋であり、これが極端に太い場合などは歯並びが崩れやすくなります。レーザーを使えばこの上唇小帯を、ほぼ出血なしで切除~縫合することができます。

レーザー治療には以下のようなメリットもあります。

さまざまな症状に対応できるうえ、痛みや出血も少ないレーザー治療は、歯科において非常に有用なものです。

レーザー治療器の仕組み

ここからは、レーザー治療器の仕組みについて解説していきます。

歯科で使われているレーザー治療器は、「レーザー光」を発射するものです。
この「レーザー光」は、拡散することなく、一定方向に進む指向性を持った単一波長の光線です。この特徴のおかげで、レーザー光を使った医療器は、「特定の部位のみに対して、強い力で働きかけること」ができます。
上で述べた「ほかの部位には影響を与えない」「虫歯などの該当箇所を削り取れる」は、このレーザー光の持つ特色によるものです。

レーザー治療器

なお、当院で使っているレーザー治療器は「炭酸ガスレーザー」を利用したものです。
この炭酸ガスレーザーは、水に吸収されやすい性質を持ち、組織表層で熱に変わり蒸散作用を起こします。発生する熱と蒸散作用を利用して行う施術で、働きかける場所は「該当の組織の表層」だけに限られます。
このため、治癒も早く、安全に使用することが可能です。

当院の歯科レーザー治療

このような特色を持つレーザー治療器での治療は、「歯を大切にされたい方」「痛みの少ない治療をお望みの方」に非常におすすめです。

ここからは、当院が扱っている「レーザーを使った治療が可能なトラブル」について解説していきます。

当院の歯科レーザー治療

軟化象牙質の除去(虫歯感染部位の除去)

虫歯に感染して軟らかくなった象牙質は、細菌の温床であるため徹底的に除去しなければなりません。
レーザー照射によって軟化象牙質を脱水・殺菌し、効率的に除去することで、その後の虫歯治療の成功率をより高めることができます。

根の無菌化に応用

神経が虫歯に侵された「歯髄炎」や、「歯の根元が細菌に侵された」「根尖性歯周炎」などの根の治療を目指す場合は、根の中の無菌化は必須条件です。

この根管内の無菌化に通常の治療に加え、レーザー照射による瞬間的な熱作用による殺菌効果をプラスすることで、より効率よい治療を行えるようになります。

歯周レーザー治療

レーザー照射による瞬間的な熱作用により、歯周病菌の温床である歯周ポケット内を殺菌・消毒し、歯周病の治癒を促進します。

またこの方法は、「歯周病の急な歯ぐきの痛み」や「歯ぐきの腫れ」などの、歯周病の症状が顕著に現れている場合の解消策としても有効です。

歯ぐきの切開・切除

レーザー照射は、歯ぐきの切開も可能にします。
熱作用による殺菌効果もあるため、治癒が早く、より衛生的で体に優しい処置が行えます。

小帯切除術

上でも述べたように、「小帯」はしばしば歯並びの悪さをもたらすものです。
この小帯付着異常は、小児期に多い口腔内粘膜の付着異常です。

特に上唇の中央にある上唇小帯が厚かったり長すぎたりするケースが多く、小帯が歯の間を越え歯ぐきの裏側まで入り込んでしまっている子も見かけます。

このような小帯付着異常は、前歯の歯と歯の隙間が大きい正中離開や、歯並びの悪さ、発音・言語障害などの問題に繋がることがあるため、ある程度の年齢になるまで経過観察をしても改善されない場合は小帯を切除します。
そのときに、痛みと出血の少ないレーザー治療器での治療が効果を発揮するわけです。

口内炎の改善

口内炎の改善もレーザー治療器の得意種目です。
口内炎にレーザーを当てると、口内炎の痛みが軽くなります。またレーザー自体が強烈な消毒作用・殺菌作用を持っているため、口内炎が早く消失するようになります。

ちなみにこれには、「レーザーがあてられた部分は、細胞組織が活性化し、該当箇所の再生を進められるようになる」という働きも関係しています。

【当日予約受付中】お電話にてご連絡ください!