入れ歯
denture

入れ歯について

入れ歯

入れ歯を新しく作った後に、何回も調整のために歯科医院に通った経験をお持ちの方は多くいらっしゃる事と思います。

どうして新しく作ったのにいろんな所が痛くなってくるのでしょうか?

口の中は元々総入れ歯を入れるようには作られていません、入れ歯は結局は人体用に作られた道具にしか過ぎないのです。この入れ歯が敏感な粘膜の上にあって何の違和感もなく使用できるなんてやはり無理でしょう。

しかし、入れ歯が合わないのは仕方ない残念ですが頑張って我慢しましょうと言うわけではありません。

当医院では、保険の入れ歯も自費の入れ歯も患者様と話し合い、少しでも改善出来るものは改善して、納得のいく入れ歯作りを心掛けています。

当院はSAFE TEETH(セーフティース)の
理念に賛同する歯科医院です。

患者様に安全に、そして安心してお使い頂ける入れ歯の提供を心がけています。

入れ歯にかかわらず、被せ物や詰め物などの補綴物においても、製作技術はもちろんのこと、安全・安心においても信頼のおける歯科技工所に依頼しております。

SAFE TEETH

また歯科技工士とは定期的に打ち合わせや会議の場を設け、質の高い入れ歯・義歯製作に向けて情報交換をするなど意思統一を図っています。

当院の入れ歯作りの
3つのこだわり

精密な型取り

精密な型取り

精密な歯型採取・咬み合わせの採取は良い入れ歯づくりの必須条件!

いかに丁寧に採取するかで入れ歯の仕上がりに違いが現れます。

丁寧・精密な設計

お口の状態に適した入れ歯の設計と提案は歯科医師の役割です。

口腔内の形状などを精密に検査して問題点を洗い出し、それらをクリアしながら精密に入れ歯を設計します。

丁寧・精密な設計
歯科技工士の技術力

歯科技工士の技術力

高度な技術を持つ信頼できる歯科技工士が入れ歯を製作!

歯型や設計指示書を基に製作するため、歯科技工士とのコミュニケーションも大切です。

入れ歯の種類

総入れ歯

総入れ歯

全ての歯が欠損していて、バネをかける歯がない状態の口腔状態に入れる入れ歯です。

総入れ歯に最適なケース

  • 介護が必要な方
  • 全身疾患がある方

部分入れ歯

残っている歯があり、その歯にバネをかけ粘膜と残っている歯で支える入れ歯です。

部分入れ歯に最適なケース

  • インプラント(手術)が怖い方
部分入れ歯

入れ歯とインプラントの
違いについて

手術をしなくて良いので持病があっても治療を行うことができ、血液サラサラになる薬や糖尿病だとインプラントの手術ができないことが多い。

入れ歯の材質

保険診療の場合
自費診療の場合

完成までの流れ

カウンセリング

1
カウンセリング

型取り

2
型取り

計測

3
計測

試適

4
試適