歯周病
perio

歯周病とは

歯周病について

歯周病について

「最近、物が咬みずらくなったりお口の臭いが気になったりする事はないですか?」

現代人のほとんどが歯周病に罹っていると言われています。原因として食生活や生活習慣など。

「お口の調子が変だな?おかしいな?」と感じた時は、大なり小なりこの前兆が表れています。

食べかす(プラーク)の磨き残しによる歯ぐきの腫れ・出血。プラークが重なりあうことで歯石に移行します。

そして歯を支える大事な骨がなくなり始めます。その結果、歯を支えるものが無くなり歯自身も失う事になります。

歯周病の治療は、歯の根がアゴの骨にある程度残っていれば行うことができます。

また、病巣を取り除き衛生的にする治療ですから、治癒するには治療後のプロケアとセルフケアが大切で、お口の衛生を保ち自然治癒力を高める努力が必要となってきます。

歯周病になる原因

歯周病症状の段階について

軽度歯周病

見た目
薄いピンクから赤色
痛み
ほとんどない
日常生活の支障
ほとんどない

中等度歯周病

見た目
赤く腫れていて膿んでいる
痛み
・硬いものをかむと痛い
・歯ブラシを当てると痛い
日常生活の支障
歯ブラシで容易に出血する

重度歯周病

見た目
赤く腫れて触ると出血しそう
痛み
・ぐらついて痛くて食事ができない
・かみ合わせの歯にあたると激痛がする
日常生活の支障
常に腫れていて、
臭い匂いがし口臭が気になる

歯周病で抜歯を行った方が
良いケース

歯を抜かずに治療する
メリット・デメリット

メリット
歯槽骨(歯根を支える骨)が溶けるのを防ぐ
デメリット
ぐらつく歯をかばうため、
硬いものが噛めない
歯周病のセルフチェック

歯周病の予防方法

歯科医院でできること
自宅でできること

当院の歯周病治療の特徴

根本治療をご提案は致しますが、患者様のご希望に沿った所で進めます。

当院の歯周病治療の特徴

歯周病治療の診療方針

歯周病治療の流れ

歯周基本検査

1
歯周基本検査

歯と歯茎の溝の深さを測ります。

スケーリング

2
スケーリング

歯のクリーニングを行います。

SRP

3
SRP

歯肉の中の歯石を除去します。

ポリッシング

4
ポリッシング

歯面の滑沢化を行います。

再評価

5
再評価

再評価を行います。

歯周病の治療法

歯周病の治療法

歯周組織再生療法とは

重度の歯周病などで後退して痩せてしまった歯肉や歯槽骨などの歯周組織を誘導・再生する手術です。

歯肉(歯ぐき)を切開して歯槽骨から剥離し、露出した歯根のプラーク・歯石の除去、歯槽骨の清掃、ダメージを受けた歯肉などの組織を除去します。

その後、特殊な保護膜(メンブレン)を使用して歯根膜・歯槽骨が再生できるよう保護し、歯肉を元の状態に戻します。

保護膜の使用は、歯根膜・歯槽骨・歯肉などの歯周組織再生のために十分なスペースを確保しておくためです。

術後、歯周組織は健康な状態に回復しますが、完全な状態への再生は難しく、歯を残すための手術と言えます。

また、組織再生誘導法(GTR法)を骨組織の再生に応用したのが骨再生誘導法(GBR法)で、インプラント治療の際に顎の骨の不足を補う場合などに行います。

フラップ手術

フラップ手術

歯と歯茎の間の溝を浅くし汚れが溜まりにくくします。

スケーリング、ルートプレーニングでとれなかった汚れ(歯石)を直視でとる

精密歯周病検査の流れ

精密検査

1
精密検査

1本の歯を6点部位で歯肉溝(歯周ポケット)を測ります。

スケーリング

2
スケーリング

スケーラーを使って歯石を取ります。

ルートプレーニング

3
ルートプレーニング

歯根の汚れ(歯石)を取ります。

ポリッシング

4
ポリッシング

歯の表面を滑沢にする。

後日再評価

5
後日再評価

プロービングで精密検査をして歯周ポケットが浅くなっているか確認します。